会社概要

社名 株式会社 東鮓(かぶしきがいしゃ あづまずし)
代表者 代表取締役社長 木内 利枝(きうち としえ)
本社所在地 奈良市芝辻町4丁目8番地の8(ならししばつじちょう4-8-8)
資本金 1,056万円
年商 約15億円(平成25年度)
創業 昭和37(1962)年3月
店舗数 (株)東鮓グループは、ダイニング事業部、割烹事業部、ケータリング事業部の3事業部・全9店で県下に営業展開する。
従業員数 約300名(2014年8月現在)
事業内容
ダイニング事業部
東鮓おしくま店にて、すし・和食の専門店を営業する
割烹事業部
ちょっとぜいたくな日本料理店 割烹東吉にて、和食専門店を営業する
ケータリング事業部
県下7店舗ですし・弁当・オードブル・仕出し料理の出前事業を展開する。また、併設する法人イベント営業部に於いて、コンベンション・学会・国際会議・セミナー等でのレセプションパーティやランチョンセミナーの請け負い、団体・イベント弁当、MR弁当、観光弁当、柿の葉すし、おせち料理等の製造・販売をする。
その他、奈良県文化会館内売店にてお弁当を販売する。
主要取引先 JTB各社、クラブツーリズム(株)、近畿日本ツーリスト(株)、(株)日本旅行、東武トップツアーズ(株)、農協観光(株)、名鉄観光サービス(株)、その他旅行代理店、PCO各社、奈良県庁、奈良市役所、王寺町役場、木津川市役所、生駒市役所、大和郡山市役所、航空自衛隊、その他公的機関各所、寺社関係:東大寺、春日大社、薬師寺、新薬師寺 等
その他多数(順不同・敬称は略させて頂きます。)

会社沿革

昭和37年3月
奈良市中央市場(小売市場)で5坪のテイクアウト専門店として産声をあげる。
昭和45年5月
経営方針をテイクアウト型から市街地型に転換し、食事と出前の店舗を東鮓本店として大宮通りに出店する。
昭和48年5月
和食の総合大型店・東鮓総本店をオープンする。
昭和48年9月
奈良市をサービスエリアとする出前専門店を開設。マスコミなどに大きく報道され、話題の店として成長する。
昭和49年7月
株式会社東鮓として法人化し、組織化する。
昭和49年5月
出前センター本店を出店し、出前事業の多店舗展開の礎を築く。
昭和50年12月
出前センター大宮店を出店し、出前の迅速化と顧客満足向上に努める。
昭和53年4月
奈良市宝来町に出前事業の大型調理設備を備えた宝来店をオープン。大型セントラルキッチンの本格稼動で、大量観光弁当の製造体制を整える。
昭和55年6月
東鮓本店を奈良市二条大路に移転、東鮓総本店として新規拡張オープンする。
昭和55年3月
事業拡大に伴い、出前センター大宮店を拡張する。
昭和56年7月
奈良県北葛城郡王寺町に出前センター王寺店をオープンする。
昭和56年11月
奈良県生駒市に出前センター東生駒店をオープンする。
昭和59年9月
ちょっとぜいたくな日本料理店 割烹東吉オープンする。
昭和60年8月
奈良県郡山市に出前センター郡山店をオープンする。
平成2年10月
㈱東鮓を各事業部別に独立・分社化を行い、部門別の統括管理体制を整える。
㈱東鮓のすし店、割烹東吉および本社を㈱東鮓、出前部門を㈱あづまケータリングサービス、仕入部門を㈱東豊物産とした3社に分社。
平成9年9月
地域密着一番店として東鮓 おしくま店をオープンする。
併せて出前センターおしくま店をオープンし、地域顧客の利便性向上を図る。
平成15年3月
東鮓グループ3社を1社に統括、全社を本社管理とし、経営理念の統一化、経営効率の向上、顧客満足の最大化を目的に従業員の教育管理体制の向上を図る。
平成18年4月
あづまケータリングサービス橿原店を開店